王子様キャラのジャニーズランキングTop10!

ジャニーズ

ジャニーズ事務所は、歌って踊って、キラキラ輝くアイドルがたくさん所属しています。

その中で正統派ジャニーズと言えば、王子様キャライケメンです。

ここでは王子様キャラのジャニーズランキングTOP10を紹介します。

10位 小瀧望

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hopeach(@nonktk_west)がシェアした投稿

ジャニーズWESTの小瀧望は、身長184cmで甘いマスクが特徴的です。

「望」の名前の由来は、小瀧望の姉が、当時好きだった少女漫画に登場する美少年から取って名付けられたそうです。

その名の通り、小瀧望は、まさに少女漫画に出てくる王子様と言われています。

2018年に主演を務めた映画「プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~」では、口が悪いのに、学校内でモテモテのイケメンを演じています。

少女漫画の実写版に、出演することに憧れを抱いていた小瀧望は、主人公を演じるにあたって、体重を絞り、普段より長髪にして、気合充分に挑んでいました。

その甲斐あって、作品内の小瀧望は原作を忠実に再現することができています。

また、映画の主題歌はジャニーズWESTが担当しており、ジャニーズWEST初の、「王子様ソング」になっています。

王道のジャニーズっぽい曲で、王子様のようなキラキラした衣装で踊り、センターは小瀧望が務めています。

9位 松本潤

 

この投稿をInstagramで見る

 

yukiko(@yuki_mjars)がシェアした投稿

嵐の松本潤は、王子は王子でも俺様系王子キャラと言われています。

松本潤の顔立ちは、目鼻立ちがはっきりしていて、華やかさがあり、少女漫画から飛び出てきた王子様のような雰囲気があります。

しかし、松本潤の内面は、バラエティー番組でのドS発言や、ナルシストな言動から、キザな王子様キャラとも言われています。

また、松本潤と言えば、ドラマ「花より男子」のイメージが強くあります。

ドラマの中で、松本潤演じる「道明寺司」は、道明寺財閥の御曹司で、俺様タイプでありながら、学園内の中心的人物として人気の存在です。

キャラクターとしても、俺様タイプなのに、ピュアな少年のような心を持っていて、多くの女性の心を掴んでいました。

松本潤の道明寺司がハマり役だったことから、俺様系王子様キャラが強くなったと思われます。

8位 京本大我

 

この投稿をInstagramで見る

 

きょもすとぐらむ(@kyomo_stogram)がシェアした投稿

来年デビューが決まっているSixTONESの京本大我は、中島健人や平野紫耀に続く、次世代の王子様キャラです。

ワイルド系なメンバーが多いSixTONESですが、その中でも京本大我は、外見の美しさから、「SixTONESの姫」と言われています。

透き通るような白い肌に、綺麗な顔立ちで、女装をさせても全く違和感の無い中性的な顔は、父親である俳優の京本政樹の容姿を引き継いでいるからと言えるでしょう。

姫と呼ばれていますが、ふとした瞬間に見せるキリっとした顔は男らしく、ギャップを感じる人も多くいるはずです。

また、内面も男らしく、努力家で、歌に対する情熱がとても強いです。

努力の成果もあり、ジャニーズJr.の中でも歌の上手さはトップクラスで、伸びのある美しい歌声で多くのファンを魅了しています。

ジャニーズJr.内でも人気があるため、デビューをしてからの活躍が大いに期待されています。

7位 手越祐也

 

この投稿をInstagramで見る

 

T.Y💗M.H🖤A.R💚(@news_snosto)がシェアした投稿

NEWSの手越祐也は、自他ともに認める王子様キャラです。

金髪でチャラいイメージのある手越祐也ですが、実は真面目で優しく、コンサートでのファンに対する対応は、王子そのものです。

手越祐也は、ファンのことを「子猫ちゃん」や「ハニー」と呼び、コンサートのことを「デート」と呼んでいます。

コンサート中に、自分のファンを見つけたら、これでもかと言わんばかりのファンサービスでファンを喜ばせ、ファンを第一に考えています。

更に、甘い言葉のオンパレードに、キラキラのアイドルスマイル、手越祐也の本当の王子様っぷりは、コンサートで発揮されていると言っても過言ではありません。

何かとスキャンダルの多い手越祐也ですが、コンサートでの手越祐也を見てしまうと、すべてを許す気持ちになってしまいます。

ファンに対しての優しさや、歌唱力の高さ、運動神経も抜群でスター性のある手越祐也は、王子様要素をたっぷり持っていると言えます。

6位 永瀬廉

 

この投稿をInstagramで見る

 

♕Tiara♕(@kishitan0224)がシェアした投稿

King&Princeの永瀬廉は、顔面国宝イケメンと称されています。

アイドル業と並行して明治学院大学社会学部に通っている高学歴ジャニーズです。

頭が良いのに加え、小学校からサッカーを習っていたことから、運動神経も良く、王子様キャラとしての素質を兼ね備えています。

父親の仕事の関係で大阪に住んでいたため、ジャニーズに入ったときは関西ジャニーズJr.として入所しました。

永瀬廉は、一見クールで無口そうに見えますが、関西ジャニーズJr.で笑いのセンスが鍛えられていたり、ときおり喋る関西弁がファンにはたまらないポイントになっています。

そのため、King&Princeの中でも積極的に発言し、コンサートなどではMCを務め、天然キャラが多いグループのため、ツッコミ役に回ることが多いです。

しかし、永瀬廉自身も天然なところがあり、それもギャップであると言えるでしょう。

5位 山下智久

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomohisa Yamashita(@tomo.y9)がシェアした投稿

山下智久は、正統派ジャニーズとして、ジャニーズの代名詞と言っても過言ではありません。

ジャニーズJr.の頃から人気があり、当時ジャニーズJr.のリーダーであった滝沢秀明から後継者に選ばれた存在です。

デビューしてからも山下智久の人気は変わらず、NEWSに所属していた時は、圧倒的存在感でセンターを務め、ソロになってからも俳優とアイドルの両方で活躍し続けています。

山下智久は、ファンのみならず、ジャニーズ内でも高い人気を博しています。

Kis-My-Ft2の玉森裕太や、King&Princeの永瀬廉、SixTONESの松村北斗など、数々のジャニーズJr.が“憧れの先輩ジャニーズ”に山下智久の名前を挙げています。

それほど山下智久は、ジャニーズの中でも特別で、男性からも憧れるかっこよさを持っているのでしょう。

4位 山田涼介

 

この投稿をInstagramで見る

 

sevly_yamada(@sevly_yamada)がシェアした投稿

Hey!Say!JUMPの山田涼介は、王子様キャラと言うよりも、リアル王子様です。

山田涼介は、KinKi Kidsの堂本光一に憧れ、ジャニーズに入所したため、王道のジャニーズ道を真っ直ぐ突き進んでいます。

アイドルとしてのプロ意識が高く、小さい頃から少女漫画を愛読書としてきた山田涼介は、女性の気持ちが分かり、ファンを悲しませることは絶対にしません。

そのため、歌やダンス、演技など、なんでもサラリと熟し、山田涼介というアイドル像を崩さないように努力をし続けています。

また、山田涼介と言えば、一つ一つのパーツが綺麗すぎて非の打ち所のない顔をしています。

肌も透明感に溢れていて、女性向け洗顔料のCMキャラクターに抜擢されたこともあるほど。

CMでアップになった山田涼介の顔は、綺麗な顔立ちと、透き通るような肌で、キラキラした王子様そのものでした。

3位 堂本光一

 

この投稿をInstagramで見る

 

みか(@ki3kj8.hrk)がシェアした投稿

「ジャニーズの元祖王子様」と言えば、KinKi Kidsの堂本光一です。

多くの王子様キャラの後輩が輩出される中、デビューから25年以上経っても、王子様キャラとして確立した堂本光一が衰えることはありません。

王子様のイメージである、「白のタキシードで、白馬に乗っている姿」が、40代になった今も、ジャニーズで一番似合うと多くのファンから支持を得ています。

堂本光一の、色白で中性的な顔立ちにサラサラヘアー、スマートに歌って踊る姿は、まさに王子様です。

また、堂本光一の内面部分も王子様だと言えます。

堂本光一は仕事に対してストイックで、プロ意識が高く、完璧主義なところがあります。

2000年から続いている舞台「SHOCK」シリーズは、堂本光一の怪我や体調不良を理由に公演を休止したことは一度もありません。

2002年の舞台初日に、右足首の靱帯損傷の怪我を負いましたが、サポーターなどで補強しながら1か月間の公演を演じ終えたというプロ意識を見せました。

そんな風に仕事に対して熱心な男らしい部分も、王子様だと言われる理由のひとつだと言えます。

2位 平野紫耀

 

この投稿をInstagramで見る

 

King & Prince♛(@kingprince0612)がシェアした投稿

グループ全員が王子様キャラのKing&Princeの中でも、平野紫耀の王子様度はダントツです。

欠点のない完璧な顔立ちに、鍛えられた肉体、存在感のあるオーラを放っている平野紫耀は、王道の王子様キャラでしょう。

しかし、天然が故に平野紫耀自身は、王子様キャラであるという気が全くないところも人気の一つかもしれません。

デビューしてから、主演を務める映画が2018年に2本、2019年に1本と、続けざまに少女漫画の実写版キャストに抜擢されています。

平野紫耀が演じる役は、女子が夢見る王子様役が多いため、王子様キャラが定着してきているのでしょう。

2018年にドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」で「神楽木晴」を演じた時には、原作者の神尾葉子先生から「漫画から飛び出してきたみたい」とお墨付きをもらっているほど。

短期間に多くの少女漫画の実写版キャストに選ばれているため、今後も大いに期待されています。

1位 中島健人

 

この投稿をInstagramで見る

 

と っ と(@s_z.zone)がシェアした投稿

Sexy Zoneの中島健人は、二次元から飛び出してきた王子様と言われています。

コンサートでは投げキスやウィンクなどのファンサービスは当たり前で、甘い言葉を恥ずかしげもなく言えてしまいます。

Sexy Zoneが行っていた握手会中に、靴が脱げてしまったファンに対して「シンデレラ、気を付けて」と、機転の利いた一言が話題になりました。

他にも、「結婚して」の一言に対する返事は、「男の俺から言わせて」や「迎えに行くから待ってて」など返してくれる言葉は毎回違い、中島健人の頭の回転の速さがうかがえます。

中島健人はどんな女性に対しても優しく、傷つけることはしません。

それは、中島健人の母親から「何事もすべて女性を優先しなさい」という教えのもと、厳しくレディーファーストを叩き込まれているからなのです。

そのため、母親が車に乗る時は、中島健人がドアの開け閉めをしていると語っていました。

また、メンバーの松島聡のお見舞いに100本のバラをプレゼントしたという逸話があり、メンバーも口を揃えて、「これが(中島健人の)素です」と言っています。

中島健人は、コンサートの時も、バラエティー番組の時も、プライベート時も、どんな時でも常に王子様であり続けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました