山下智久の人気曲ランキング20選をジャニオタが紹介してみた【独断と偏見】

ジャニーズ

11歳でジャニーズJr.に入所し18歳のときにNEWSのセンターとしてCDデビューした山下智久さんは、NEWSとして活動しながらもソロで曲をリリースするなどして活動していました。

本格的にソロとして活動するようになったのは、NEWS脱退後の26歳のとき。

 

俳優としての地位を確立し数多くの作品に出演している現在でも、山下智久さんはソロの歌手として数多くの曲を世に出しています。

そこで今回は、これまでに山下智久さんがリリースした曲の中から人気曲を紹介

(シングル・アルバム含む)

 

ランキング形式にて私の独断と偏見で第20位から発表していきたいと思います!

山下智久の曲の特徴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomohisa Yamashita(@tomo.y9)がシェアした投稿

山下智久さんが歌う曲の特徴は、山下智久さんの唯一無二の声にマッチする曲だと思います!

 

太過ぎず細過ぎない声質。

そして明るすぎるわけでも暗すぎるわけでもない歌声。

世代を問わず多くの人が「心地よい」と感じる歌声を山下智久さんは持っています。

 

山下智久さんは自身の曲の作詞作曲を担当することも少なくありません。

多くの人の心に響く共感度の高い切ないバラードが多いのですが、あまりにリアルで「もしかして実体験なの?」とちょっと思ってしまうほど(笑)

20位:LOVE CHASE

まず最初に紹介する第20位に私が選んだのは、2012年にリリースした「LOVE CHASE」です。

山下智久さんがソロとして出した6枚目のシングル曲となります。

 

ライブで歌えば盛り上がる楽曲として知られ、人気曲としてランクインすることが多いです。

 

LOVE CHASE」はアニメ「トリコ」のエンディングテーマになりました。

山下智久さんは「トリコ」に本人役で出演もしたんですよ!

19位:ゴメンネ ジュリエット

第19位に私が選んだのは、2007年にリリースされたアルバム「pacific」に収録された「ゴメンネ ジュリエット」です。

山下智久さんが作詞作曲を担当しています。

 

山下智久さんが作詞作曲した楽曲は切ないラブバラードが多く、そして歌詞に色気がありまさに大人の恋愛って感じ!

曲の最後に行う投げキッスに打たれた女性は数多いでしょう。

18位:CHANGE

第18位に私が選んだのは、2019年にリリースした「CHANGE」です。

こちらは山下智久さんがソロとして出した10枚目のシングル曲となります。

 

山下智久さんが主演を務めたドラマ「インハンド」の主題歌となった曲になります。

 

レーベルであるSony Musicの公式からMVが公開されていたので載せておきます。

ドラマの世界観を意識したのか、MVにはさまざまな動物が登場します。

また歌詞にもカメレオンなど動物が登場するので、歌詞をチェックしながら聞いてみて下さい。

17位:怪・セラ・セラ

第17位に私が選んだのは、2013年にリリースされた「怪・セラ・セラ」です。

こちらは山下智久さんがソロとして出した7枚目のシングル曲となります。

 

クールな印象のある山下智久さんがちょっとコミカルな楽曲を歌うということで当時は結構な話題となりました(笑)

ダンスもかわいらしい感じなのでぜひ見てほしい!

 

ももいろクローバーっぽい楽しいダンスも格好良く踊れちゃう山下智久さんはさすがです。

16位:Reason

第16位に私が選んだのは、2019年にリリースされた「Reason」です。

こちらは山下智久さんがソロとして出した9枚目のシングル曲となります。

2013年以降ソロシングルをリリースしていなかったので、「もう歌手活動はしないのかな…」と多くのファンががっかりしていた中での5年半ぶりのリリースとなりました。

 

レーベルであるSony Musicの公式からMVが公開されていたので載せておきます。

いい意味でジャニーズっぽくないサウンドの楽曲だなと思います。

 

アニメ「逆転裁判~その「真実」、異議あり!~Season 2」の主題歌になりました。

15位:Tokyo Sinfonietta

第15位に私が選んだのは、2011年にリリースされた初のソロアルバム「SUPERGOOD,SUPERBAD」に収録された「Tokyo Sinfonietta」です。

 

壮大な音楽の中で流れる山下智久さんの甘い歌声が最高にマッチしています。

 

2011年に行われたライブツアー「SUPERGOOD,SUPERBAD」で楽曲が披露されたのですが、音と光による演出が凄かった!

ちょっとやりすぎでは?」という演出でも格好良く決まるのは、さすが山Pですね!

14位:YOUR STEP

第14位に私が選んだのは、2014年にリリースされたアルバム「YOU」に収録された「YOUR STEP」です。

その後、2016年にリリースされたベストアルバム「YAMA-P」にも収録されました。

 

切ないラブバラードが多い山下智久さんの楽曲の中では珍しい爽やかでポップな楽曲です。

 

口笛のメロディーが楽しい気持ちにさせてくれます。

思わずステップを踏みながら口ずさんでしまいますよね!

13位:PARTY DON’T STOP

第13位に私が選んだのは、2011年にリリースされた初のソロアルバム「SUPERGOOD,SUPERBAD」に収録された「PARTY DON’T STOP」です。

 

クラブミュージックのようなノリノリな楽曲となっています。

おはようございます」のところは一緒に声を出しちゃいましょう!

 

山下智久さんは英語の発音がきれいなので心地よく聞けますよね。

12位:悩みの森の真ん中で

第12位に私が選んだのは、2012年にリリースしたアルバム「エロ」に収録された「悩みの森の真ん中で」です。

 

ピアノのメロディのみで構成された楽曲となっています。

ピアノの音にのせた山下智久さんの甘い歌声の組み合わせがよくマッチしています。

 

山下智久さんは悩みの森の真ん中で」について「誰かに付き添ってほしい」「一緒に歩いて欲しい」そういったメッセージが込められた楽曲であるとコメントしています。

誰もが少なからず思っているであろうことを優しいメロディにのせた楽曲です。

11位:僕だけの君に

第11位に私が選んだのは、2012年にリリースしたアルバム「エロ」に収録された「僕だけの君に」です。

 

どうすれば僕の方に振り向いてくれるの」と恋する気持ちをピュアに描いた楽曲です。

山下智久さんにこんな可愛いことを言われて落ちない女性ってこの世に居るんでしょうか(笑)

 

好きな人に好きな人がいるという切ない恋をしている人にぜひ聞いてほしい一曲です。

ピアノのメロディだけというのがまた切なさを演出していますよね。

第10位:ERO

第10位に私が選んだのは、2012年にリリースしたアルバム「エロ」に収録された「ERO」です。

なんとまあ大胆なタイトル(笑)

タイトルの通り歌詞も18禁にしたくなるほど大胆なフレーズが多いです。

 

実はこのアルバムはNEWS脱退後に出された初めてのアルバムで、今後どのようにソロとして活動していくのか、山下智久さんが迷走していた時期にリリースされたものです。

格好良くて多くの後輩の憧れである山下智久さんにも迷走する時期ってあったんですね…。

9位: SUMMER NUDE ’13

第9位に私が選んだのは、2013年にリリースされた「SUMMER NUDE ’13」です。

山下智久さんがソロとして出した8枚目のシングル曲となります。

ロックバンド・真心ブラザーズが1995年に発表した「SUMMER NUDE 」のカバー曲です。

 

山下智久さんが主演を務め大ヒットした月9ドラマ「SUMMER NUDE」の主題歌になりました。

爽やかで直球な歌詞はドラマの世界観によく合っていましたよね!

 

またこちらの曲はハダラボ 3D 形状復元ジェルのCMにも起用されました。

ドラマを見たことがなくても「聞いたことある!」という人は多いのではないでしょうか。

8位:One in a million

第8位に選んだのは、2010年にリリースされた「One in a million」です。

こちらは山下智久さんがソロとして出した3枚目のシングル曲となります。

 

クールなダンスナンバーで、クラブ曲っぽい雰囲気があります。

 

日本語と英語の歌詞なのですが、結構際どい部分もあったり(笑)

山下智久さんの大人の魅力を堪能できる楽曲であると言っても過言ではないでしょう。

7位:Never Lose

第7位に私が選んだのは、2019年に「Reason」と両A面シングルとしてリリースされた「Never Lose」です。

 

山下智久さんの美しい高音を堪能したいのであればこの楽曲!

サビにかけて高音が続きます。

 

レーベルであるSony Musicの公式からMVが公開されていたので載せておきます。

万華鏡を思わせるような演出のMVとなっています。

6位:愛、テキサス

第6位に私が選んだのは、2012年にリリースされた「愛、テキサスです。

こちらは山下智久さんがソロとして出した5枚目のシングル曲となります。

 

主演を務めたドラマ「最高の人生の終わり方~ウエディングプランナー~」の主題歌になった曲でもあります。

 

ヴィンテージっぽい曲調(ウエスタンっぽい雰囲気も)で、淡々と歌い上げるそのメロディーが心地よく、一度聴いたらハマってしまう楽曲です。

 

「Mステ」で楽曲を披露した際には、裸にジャケットというイケメンでしか許されないであろう衣装で登場し視聴者を驚かせました。

5位 青

第5位に私が選んだのは、2011年にリリースされた初のソロアルバム「SUPERGOOD,SUPERBAD」に収録された「青です。

 

山下智久さんが作詞作曲を担当した楽曲となっています。

数ある山下智久さんの作詞作曲した楽曲の中でも高い共感を得ているのがこの楽曲です。

 

愛しい人が居なくなったことで襲ってくる孤独。

早く忘れないとと思う反面、強く愛しい人を思ってしまう気持ちがうまく表現されています。

4位:指輪

第4位に私が選んだのは、2006年にリリースされた「抱いてセニョリータ」のカップリング曲として収録された「指輪」です。

 

コンサートなどで山下智久さんがよく歌っていた楽曲です。

人気ナンバーであったため、音源化を望むファンは多く居ました。

記念すべき初のソロシングルのカップリングに「指輪」が収録されたことに、多くのファンは歓喜したそうです!

 

「指輪」と言えば、なんていってもサビの高音部分が好き

 

こちらの曲は山下智久さんが作詞作曲を担当しました。

女性のことを薔薇や白いキャンバスと表現し、光る指輪のせいで気持ちを伝えることができないという切ない恋心を歌っています。

 

音源化するにあたり、メロディーラインや構成を少し変更したとのこと。

3位:Loveless

第3位に私が選んだのは、2009年にリリースされた「Loveless」です。

こちらは山下智久さんがソロとして出した2枚目のシングル曲となります。

 

別れた恋人の幸せを願う切ないバラードを山下智久さんがしっとりと歌い上げています。

 

失恋してただ悲しいではなく、別れたくない、悲しいけれど相手にそれが悟られないように笑顔でお別れするという大人の恋愛を描いた楽曲です。

イントロのピアノの音がまた切なくていいんですよね…。

 

切ないバラードでありながらゴリゴリに踊るというそのギャップも好きです。

2位: カラフル

独断と偏見で選んだ山下智久さんの人気曲をランキング形式にて紹介しているのですが、第2位に選んだのは、私が大好きな曲「カラフル」です!

 

こちらは2005年にリリースされた修治と彰(山下智久さんとKAT-TUNの亀梨和也さんのデュオ)の「青春アミーゴ」のカップリング曲として収録された曲となります。

なんと作詞を担当したのは山下智久さんなんです!

 

自分の進む道を迷っている若者の気持ちがうまく表現されています。

Aメロの淡々と歌い上げる部分が大好きで、サビに向かう前の盛り上がりも好き!

 

「カラフル」は山下智久さんが主演を務めたドラマ「ドラゴン桜」の挿入歌ともなり、ドラマの世界観にもよく合っていました。

2020年夏に「ドラゴン桜」の続編が決定しました!

また「カラフル」が挿入歌に使われないかなと思っているのですが…。

1位:抱いてセニョリータ

山下智久さんの人気曲ランキング20選の第1位に輝いた楽曲は、2006年にリリースされた「抱いてセニョリータ」です!

山下智久さんにとって初めてのソロ曲が第1位に輝きました!

 

主演を務めたドラマ「クロサギ」の主題歌になった曲でもあります。

 

曲のサビ「抱いて抱いて抱いてセニョリータ」のときのダンスの色っぽさ、そしてサビ終わりの「っはぁ~」にやられた女子は絶対に多いはず!

 

「抱いてセニョリータ」が人気の証拠に、リリースから随分と時間が経ちますが現在も多くのジャニーズJr.たちがライブで披露し、会場を盛り上げているんです。

盛り上がり色っぽさも感じられる、そんな「抱いてセニョリータ」は文句なしの第1位です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました