ジャニーズに落選していた芸能人10選まとめ!実はアノ有名人も履歴書を送ってた?

ジャニーズ

実は、今活躍されているあの有名人も、ジャニーズに憧れて、履歴書を送っていました。

ここでは、ジャニーズに落選していた芸能人10選を紹介します。

トレンディエンジェル・斎藤司

 

この投稿をInstagramで見る

 

トレンディエンジェル斎藤司(@tsukasa_trandy)がシェアした投稿

「斎藤さんだぞ」でお馴染みのトレンディエンジェル・斎藤司は、19歳の時にジャニーズ事務所に履歴書を送っています。

若かりし頃の斎藤司は、髪の毛はふさふさで、今より痩せていて、イケメンだったとのこと。

当時流行っていた、反町隆史風を装っていたことから、女性にもかなりモテていたそうです。

斎藤司自身もイケメンであると思っていたため、大学生の時に、ジャニーズ事務所に履歴書を送りました。

もともと大のジャニーズファンで、歌って踊って笑いの取れるジャニーズになりたいと憧れを抱いていたからです。

しかし、ジャニーズ事務所から返事は返って来ませんでした。

ジャニーズになることは諦め、25歳でお笑い芸人の道に進むことになりましだが、お笑い芸人として成功を収めています。

ジャニーさんは、履歴書の写真を見ただけで「10年後の姿が見える」と言われていたので、斎藤司の髪が薄毛になることも見えていたのかもしれません。

氣志團・綾小路翔

 

この投稿をInstagramで見る

 

綾小路 翔(@showayanocozey)がシェアした投稿

綾小路翔が小学生の頃、光GENJIが一世を風靡しており、夢中になるほど応援していました。

自分も光GENJIに入るべく、ジャニーズ事務所に入りたいと思うように。

綾小路翔を溺愛していた母親に明かしたところ、「お母さんはアンタのこと超かっこいいと思うし、超タイプ。でも、世間的にはそうでもないの!」と、号泣されてしまったのです。

その時、綾小路翔は、自分は光GENJIにはなれないと、目が覚めたと言います。

また、母親のその言葉から、今のサングラス人生に繋がっているようです。

氣志團になった現在も、ジャニーズ好きは変わらず、2019年に開催した「氣志團万博2019〜房総ロックンロール最高びんびん物語〜」でジャニーズメドレーを披露しました。

光GENJIの「パラダイス銀河」から、嵐の「Love so sweet」など、新旧様々なジャニーズ楽曲を10曲披露しています。

ジャニーズにはなれませんでしたが、大勢のファンの前でジャニーズ楽曲を披露でき、夢を叶えられているのではないでしょうか。

倉田大誠(アナウンサー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ライブニュース イット(@livenews_it)がシェアした投稿

倉田大誠は、フジテレビのイケメンアナウンサーとして女性人気の高いです。

小中学生の頃に、ジャニーズに憧れて履歴書を送りましたが、返事は来ませんでした。

しかし、「どうしてもジャニーズになりたい!」という気持ちが強かったため、1回では諦めず、合計で7回も履歴書を送ったそうです。

その後も、芸能への憧れが強かったため、その他の事務所にも履歴書を送ったり、大学は日本大学藝術学部に進学し、俳優を目指していた時期もありました。

今はフジテレビのアナウンサーとして、数々の番組に携わり、成功を収めています。

因みに、アナウンサーになってから、お昼の番組「いいとも」のオープニングで、いいとも青年隊だったジャニーズJr.と一緒に、倉田大誠がダンスを披露したことがあります。

踊っているときの倉田大誠は、笑顔でカメラ目線をしていて、アイドルになりきっていました。

長州小力

 

この投稿をInstagramで見る

 

長州小力(@koriking1972)がシェアした投稿

長州力のモノマネをしている長州小力も、ジャニーズに履歴書を送っています。

中学校に入学してすぐ、2日間でラブレターを10通貰ったことのある美少年だったという、モテモテエピソードを持っています。

そのため、ジャニーズ事務所に入所できると思い、履歴書を送りました。

しかし、残念ながらジャニーズ事務所からの返事は来ておらず、長州小力が中学生時代モテていたというエピソードも周りには信じてもらえていません。

2005年頃から、「キレてないですよ」ネタや、パラパラを踊る姿がキモカワ系として人気を博し、当時は最高で月収2000万円を稼いでいました。

ラニーノーズ・洲崎貴郁

 

この投稿をInstagramで見る

 

ラニーノーズ/Runny Noize 洲崎(@runnysuzaki0504)がシェアした投稿

ラニーノーズは関西を中心に活動するお笑い芸人で、バンド「Runny Noize(ラニーノイズ)」として音楽活動もしています。

ツッコミ担当の洲崎貴郁は、バンドではボーカルを務め、イケメンであるために、若手お笑い芸人の中でも女性からの人気が高いです。

洲崎貴郁が中学生の頃、ジャニーズ事務所に履歴書を送りました。

当時からイケメンだったため、書類選考に通り、一次審査の面接を受けています。

二次審査には進めませんでしたが、一次の面接の休憩中に誰かから「YOU、いいね」と話しかけられたと言います。

それが誰か定かではありませんが、ジャニーさんだったのかもしれません。

洲崎貴郁は、ジャニーさんに見初められたこともあり、イケメンお笑い芸人としてブレイクが期待されています。

アンジャッシュ・児嶋一哉

 

この投稿をInstagramで見る

 

児嶋一哉(@kojikojikoji47)がシェアした投稿

アンジャッシュの児嶋一哉は、2回ジャニーズ事務所に履歴書を送っています。

中学3年生の時に、遠足で横浜に行ったときに撮られた写真を履歴書と一緒に送りました。

当時は、その写真が1番良いと思っていましたが、顔の上半分に影がかかり、目はほぼ半開きの児嶋一哉の姿が写っていて、お世辞にも良い写真とは言えません。

その写真のせいもあってか、ジャニーズ事務所から返事は来ず。

児嶋一哉は、合格した人しか返事が来ないことを知らなかったため、何か手違いがあったのかと、もう一度履歴書とともに同じ写真を送ったそうです。

現在も返事は来ていないため、児嶋一哉は、「いまだに合否の通知は来てないので、僕の中ではまだ選考中だと思ってます」とのこと。

黒瀬翔生(アナウンサー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】フジテレビアナウンサー(@fujitv_announcer)がシェアした投稿

黒瀬翔生は、フジテレビのアナウンサーで、可愛い系のイケメンで人気があります。

小学5年生の時に、ジャニーズ事務所に履歴書を送っています。

当時は、ドラマ「ごくせん2」や「花より男子」、「野ブタをプロデュース」など、ジャニーズの人気なドラマが放送されていたので、影響を受けたのかもしれません。

しかし、ジャニーズ事務所からの返事は返って来ず、同じ時期にジュノン・スーパーボーイ・コンテストも受けましたが、不合格でした。

その後も、テレビ業界への憧れが消えなかったため、アナウンサーの道へと進みました。

フジテレビのアナウンサーになるには、250倍の倍率を突破しないといけません。

その難関に合格した黒瀬翔生は、3度目の正直として、テレビに関わる仕事に就くことができました。

ジャガーズ・ちーやん

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomohiro ジャガーズ(@jaguartomohiro)がシェアした投稿

ジャガーズは、兄弟でジャニーズやジャニーズJr.のモノマネをする、お笑い芸人です。

兄のちーやんは、小学生の時に、光GENJIの山本淳一のファンになったことがきっかけで、ジャニーズ事務所に履歴書を送っています。

その後、ジャニーズ事務所から「オーディションに来てください」と、連絡があったのですが、北海道に住んでいたことや、母親に反対されたことから断念しました。

ちーやんは、高校を卒業してから、お笑い芸人になるため上京し、その後を追いかけた弟のジャガーともひろと一緒に、兄弟でジャガーズを結成しました。

現在も大のジャニーズ好きで、嵐やNEWS、Kis-My-Ft2など多くのファンクラブに入っていて、NEWSの手越祐也とKing&Princeの平野紫耀のファンと公言しています。

ジャニーズにはなれませんでしたが、ジャニーズ好きを仕事に活かして成功を掴みました。

戸塚純貴

 

この投稿をInstagramで見る

 

富田恭透(@yasuyuki_tomita)がシェアした投稿

戸塚純貴は、バラエティー番組「痛快TV スカッとジャパン」にダメ彼氏役で出演し、俳優として活躍しています。

母親が、「なんとしても芸能界に入れたい」という考えだったため、小さい頃から多くのオーディションを受けさせられていました。

その中で、小学3年生の時、母親が勝手にジャニーズ事務所に履歴書を送りました。

その後、書類選考の通った戸塚純貴は、母親に「修学旅行だ」と言われ、無理やりオーディション会場に連れていかれたそうです。

ジャニーズ事務所には入れませんでしたが、専門学生の時、またもや母親に、勝手にジュノン・スーパーボーイ・コンテストに応募されたことをきっかけに芸能界に入ることになりました。

現在は、映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」や「走れ!T校バスケット部」などに出演し、今後も多くの映画出演が決まっている期待の演技派俳優です。

高崎翔太

 

この投稿をInstagramで見る

 

ジェイタメ(@jtamestaff)がシェアした投稿

高崎翔太は、ミュージカル「テニスの王子様」で俳優デビューをしました。

小学5年生の時、姉に無理やりジャニーズ事務所へ応募させられた過去があります。

応募用の写真を撮るため、ピアスの穴を開けられ、親指と人差し指でJポーズを作らされたと言います。

しかし、そこまで体を張ったのに、残念ながらジャニーズ事務所に入ることは叶いませんでした。

その後、上京し、アルバイト先のアパレルブランドショップで撮られたスナップがきっかけで芸能界入りを果たします。

現在は舞台「薄桜鬼」や「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」、「おそ松さん」などの2.5次元俳優として舞台を中心に大人気の俳優です。

ジャニーズとフィールドは違いますが、アイドル的俳優として、多くの女性ファンから支持されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました