井ノ原快彦の家族・兄弟エピソードまとめ!母親はカフェをオープン!

2021年11月1日に長らく活動してきたV6が解散し、坂本昌行・長野博とともに20th Centuryとして新たなスタートをきった井ノ原快彦。

2022年11月1日からは前任の滝沢秀明の後を引き継ぎ、ジャニーズアイランド代表取締役に就任、ジャニーズJr.の育成を任されています。

ジャニーズに逆風が吹く今だからこそ、優しく社交的なことで知られる井ノ原快彦の手腕に期待が集まっていますね。

今回は、そんな井ノ原快彦の地元や家族にまつわるエピソードについて調べてみました。

井ノ原快彦の地元はどこ?

井ノ原快彦は、東京都台東区浅草生まれです。

その後6歳の頃から品川区の八潮団地に移り、品川区立八潮小学校・品川区立八潮中学校を卒業しています。

実家の場所は明かされていませんが、現在も品川区内ではないかと推測されています。

幼少期から運動神経が良く、スポーツが得意だった井ノ原快彦は、小学校2年生の時から空手を習っており、全国大会で3位になったこともあるそうです。

小学校時代の井ノ原快彦はかなりやんちゃな少年で、よくケンカもしていたという一方、目立ちたいという理由から学級委員を務めたこともありました。

しかし、小学校4年生の時に調子に乗りすぎたため、クラスメイト全員から無視されたこともインタビューで明らかにしています。

12歳でジャニーズ入り

小学校時代の井ノ原快彦は、ドラマ『西部警察』が好きな影響で「お巡りさんになりたい」と思っていたそうです。

しかし、父親から「実際の警察官はドラマのような銃撃戦などはできない。それがやりたいなら芸能人にならなければいけない」と言われ、芸能界を目指すことにしました。

最初、児童劇団に入ろうとしましたが、所属するにはお金がかかるということであきらめ、レッスン料がかからなかったジャニーズ事務所に履歴書を送りました。

オーディションに参加したものの、当時ダンスの経験がなかった井ノ原快彦は、とりあえず顔の表情でごまかそうと必死にやっていたところ、ジャニーさんの目に留まり、12歳の時に入所しています。

幼少期は苦労していた

柔らかい雰囲気で優しい笑顔が印象的な井ノ原快彦ですが、幼少期の頃は大変な時期を過ごしていたこともあったようです。

具体的なエピソードは語られていませんが、家族がバラバラになってもおかしくなかったそうで、大変苦労されたといいます。

今の井ノ原快彦からは想像できませんが、そんな苦労も井ノ原快彦の優しい性格ができあがる一つの要因だったかもしれませんね。

井ノ原快彦の家族構成

井ノ原快彦は、父親と母親、姉、妹、弟の6人家族で、1番下の弟さんとは15歳も歳が離れているそうです。

家族・名前職業年齢
父親不明不明
母親カフェ経営不明
不明不明
不明不明
不明32歳

現在、ジャニーズアイランド代表取締役に就任し、20th Centuryとしての活動と並行してジャニーズJr.の育成も行っている井ノ原快彦の面倒見の良さは、歳の離れた兄弟がいたからかもしれませんね。

また、2007年9月28日にかねてから交際していた女優の瀬戸朝香との結婚、2010年に長男2013年に長女が誕生しています。

家族・名前職業年齢
妻・瀬戸朝香女優47歳
息子中学生13歳
小学生10歳

井ノ原快彦の父親

井ノ原快彦の父親は一般の方なので、名前や職業などくわしいことは明らかになっていません。

とても厳しい父親だったそうで、クリスマスや誕生日などの特別な日以外はおもちゃを買わず、「自分で作れ」と子どもたちに言っていたそうです。

熊本生まれの鹿児島育ち

井ノ原快彦の父親は、熊本生まれの鹿児島育ちなので、小さい頃は夏休みになると、毎年約1ヶ月九州で過ごしていたのだそうです。

イノシシ料理などの鹿児島の郷土料理を食べると、幼少期の懐かしい思い出が蘇ると話していました。

井ノ原快彦の母親

井ノ原快彦の母親も一般の方なので、くわしい情報はありませんでしたが、井ノ原快彦曰く「いつも笑っている人」なのだそうです。

カフェを経営

井ノ原快彦の母親は、2022年4月17日にカフェを開店しています。

長年勤めていた会社を退職した母親に、井ノ原快彦が「家でじっとしているより、ボケ防止で何かやったほうがいいよ」といったことがきっかけでオープンすることにしたのだそうです。

カフェの場所については公開されていませんが、「東京都世田谷区尾山台ではないかと言われています。

その根拠としてカフェ開店について報じた週刊誌によると、「東京都内の閑静な住宅地にある商店街」「芸能人も暮らす高級住宅街で近くには大学もある」といったところから、世田谷区尾山台だと推測されたようです。

開店前には井ノ原快彦も母親とともに近所に挨拶回りをしたり、毎朝のようにお店を訪れてモーニングを注文したりと足繫く通っているようです。

メニューは、コーヒーや紅茶が1杯400円、焼きそばやナポリタンなどの食事メニューも700円前後と、リーズナブルな価格で「おふくろの味」がずらりと並んでいます。

普段は母親が1人で切り盛りし、常連客にも「息子のことは恥ずかしいから黙っている」そうで、静かにカフェを営業したいと思われているのかもしれませんね。

このカフェですが、3年限定の営業を予定していて、2025年までの営業予定ということになります。

井ノ原快彦の姉

井ノ原快彦は4人兄弟の2番目で姉がいますが、一般の方なのでほとんど情報はありません。

そんなお姉さんですが、「大の美人」と評判なのだそうで、2019年3月に放送された『TOKIOカケル』に井ノ原快彦がゲストとして出演した際、その美人ぶりが話題となりました。

当時井ノ原快彦がジャニーズJr.だった頃、「井ノ原の姉ちゃん紹介してくれ」というJr.が絶えず、松岡昌弘も「はっきり言うけど、いろんな仲間のお姉さんを見た中でもダントツにキレイ」と大絶賛でした。

井ノ原快彦と松岡昌弘は仲の良い親友であることは知られていますが、井ノ原快彦の姉見たさに中学生の頃は家によく遊びに行っていたと明かしていました。

しかし、当のお姉さんはサバサバした性格で、中学生だった松岡昌弘の前でもバスタオル1枚で歩くこともあったそうです。

国際結婚している

井ノ原快彦の姉は、現在国際結婚をされていて、結婚後はアメリカに住んでいるといい、旦那さんの名前は「スティーブ」さんというそうです。

数多くのジャニーズメンバーたちを魅了したほど美人なお姉さん、気になりますね。

井ノ原快彦の妹

井ノ原快彦には妹さんもおられますが、ほとんど情報がありませんでした。

井ノ原快彦の弟

井ノ原快彦の弟についても一般の方のため情報がほとんど公開されていませんが、弟さんとは歳が15歳離れているということはわかっています。

井ノ原快彦の妻

井ノ原快彦は、2007年9月28日に女優の瀬戸朝香さんとご結婚されています。

瀬戸朝香

  • 井ノ原恵美(旧姓 家田)
  • 1976年12月12日47歳
  • 愛知県瀬戸市出身
  • 瀬戸市では評判のかわいい子として有名だったそうで、スカウトが直接自宅を訪ねて中学卒業と同時に芸能界入り。
  • 芸名の「瀬戸」は瀬戸市から、「朝香」はマネージャーさんのインスピレーションで名付けられました。

2人の結婚は『V6 LIVE TOUR 2007 Voyager -僕と僕らのあしたへ-』のMCで井ノ原快彦がファンに報告、同じ日に2人揃って結婚報告会見を行いました。

ジャニーズのタレントでは初の結婚会見に、井ノ原快彦は「ようやくここまで辿りつけた」と言い、瀬戸朝香は「頼れる人です」と幸せそうに話していました。

2人の馴れ初め

2人の出会いは1995年のドラマ『終わらない夏』での共演でした。

当時、井ノ原快彦はデビュー前の19歳、瀬戸朝香は18歳で、 2人は出会ってすぐ意気投合し交際をスタートさせました。

約2年半の交際が続きましたが、人気絶頂の2人だったためなかなか外で会うこともできず、多忙でのすれ違いから1度破局しています。

その後5年の月日が流れた2003年、共通の友人が催したクリスマスパーティーで偶然再会、運命だと思った井ノ原快彦が再び瀬戸朝香にアタックし、2人は改めて交際をスタートさせたそうです。

この時から井ノ原快彦は結婚を考えていたそうで、2006年9月11日、瀬戸朝香の実家へ遊びに行った帰りの車の中で「結婚してください」プロポーズしました。

まっすぐ気持ちの伝わるプロポーズに、瀬戸朝香も喜んで快諾したと明かしています。

仲の良い家族

井ノ原快彦と瀬戸朝香の間には、2010年に長男2013年に長女が誕生していて、2023年現在、井ノ原家は4人家族です。

人懐っこいイメージの井ノ原快彦ですが、そのイクメンぶりはよく知られていて、2019年には、長女の音楽教室の発表会に一家で区民センターへ向かうところが報道されました。

また、長男はボクシングを習っていて、夫婦で当時流行っていたアキラ100%のモノマネを仕込んだりと仲の良い様子が伺えます。

夫婦ともに気さくな性格なので、子どものお友達を家に大勢呼んだり、井ノ原家主催での家族団体旅行やキャンプを企画したこともあったそうです。

普段から仲の良いパパ友と飲みにも出かけるそうで、いいパパ・ママぶりが伝わってきますね。

井ノ原快彦の自宅はどこ?

井ノ原快彦の自宅は「世田谷区尾山台」にあることはかなり知られているようで、検索すると尾山台の名前が出てきます。

母親が経営するカフェも尾山台で、井ノ原快彦が良く通っているため近所に住んでいると思われていましたね。

また、2016年1月23日に放送された『出没!アドマチック天国』で「世田谷区尾山台特集」が放送された際に、「部長詳しいんですよね?」と話を振られて、尾山台に住んでいるような発言をしていました。

世田谷区尾山台は自由が丘にもほど近く、田園調布とも隣り合っている人気の高級住宅街で、都心へのアクセスもよく、名門の学校もあり、自然も豊かなので子育てにもぴったりの環境です。

芸能界では哀川翔前園真聖も尾山台に住んでいて、芸能人にも人気の街のようです。

井ノ原快彦の自宅の外観です。

井ノ原快彦の家族・兄弟エピソードまとめ!母親はカフェをオープン!

井ノ原快彦の家族・兄弟エピソードまとめ!母親はカフェをオープン!

家の周辺には緑も多く、静かな住宅街ですね。

井ノ原快彦は、自宅でカブトムシ150匹やカエルなどを飼っていることも明かしていて、自然豊かな環境が想像できます。

自宅の間取り

井ノ原快彦の自宅は、敷地面積300㎡の地上2階、地下1階の大豪邸で、価格は3億円とも言われています。

そんな自宅も2013年に長女が生まれたこともあり、2016年10月発売の『週刊女性』で大リフォームを行ったと報じられ、2階にあったリビング・ダイニング・キッチンを1階に移し、2階に新たに子供部屋を作ったのだそうです。

さらに3階も増築され、井ノ原快彦の趣味のガーデニングスペース用の巨大な中庭も作られました。

ガレージには夫婦それぞれのベンツが停められているそうですが、近所では井ノ原快彦がママチャリに乗っている姿がキャッチされています。

閑静な住宅地でのんびり家族で暮らしている様子が伺えますね。

まとめ

今回は、20th Centuryの井ノ原快彦の地元や家族とのエピソードについて紹介しました。

幼少期は、今のにこにこした穏やかな井ノ原快彦からは想像できないくらいの苦労をされたようですが、そんなことも感じさせないくらい家族を大切にされている様子が伝わりました。

また、一度は破局しながらも、運命の再会を果たした妻・瀬戸朝香との家庭をしっかりと築き、新たにパパとしての関係も築かれていました。

そんな人当たりの良い井ノ原快彦の20th Centuryとしての活動もですが、ジャニーズアイランドの社長としてもますます多忙を極める活躍をしっかりと見守っていきたいですね

コメント