ジャニーズのマッチョランキング20選!アノ人の筋肉が衝撃?

ジャニーズ

ジャニーズはライブ等で歌いながら踊るため体力が必要です。

また、雑誌やテレビで体を露出する場面も多いので、体を鍛えている人が多くいます。

ここではジャニーズのマッチョランキング20選を紹介します。

20位 中島裕翔

 

この投稿をInstagramで見る

 

ごしゃいじ(@arinkobuchuu)がシェアした投稿

  • 名前:中島裕翔
  • 生年月日:1993年8月10日
  • 出身地:東京都
  • 身長:178cm

Hey!Say!JUMPの中島裕翔は、身長178cmでスタイル抜群のモデル体型をしています。

モデル体型と聞くと、華奢や細身な印象がありますが、脱ぐと腹筋が割れていて、細マッチョでもあります。

2014年に中島裕翔が主演を務めたドラマ「水球ヤンキース」では、海パン(ビキニタイプ)の場面が半分以上で、引き締まった体を見せつけています。

水球は水中の格闘技と言われるほどハードなプレーをします。

そのため、中島裕翔は筋力トレーニングを重ねて肉体改造に務めました。

ドラマの回を重ねるごとに、中島裕翔の体は日焼けをし、仕上がった姿が健康的なマッチョな姿になっていました。

また、2015年にV6とHey!Say!JUMPがメインパーソナリティーを務めた時、和太鼓を披露し、ノースリーブから出る腕の筋肉がすごいと話題になりました。

もともと中島裕翔はドラムが得意なこともあって、腕の筋肉はあったものの、和太鼓の力の必要な練習を重ねたことで、太く、凛々しい腕になっていました。

19位 村上信五

 

この投稿をInstagramで見る

 

大倉忠義 💚(@tadayoshi_eight8)がシェアした投稿

  • 名前:村上信五
  • 生年月日:1982年1月26日
  • 出身地:大阪府
  • 身長:170cm

村上信五は関ジャニ∞の中でも運動神経が良く、スポーツが得意です。

学生時代はバスケットボール部に所属していました。

現在は趣味でサッカーやフットサルを行っていおり、筋肉がギッシリ!

村上信五はジムに行っておらず、筋トレは家や楽屋でできる程度のことのみだけで、現在も腹筋がシックスパックに割れています。

村上信五が出演している「月曜から夜ふかし」や「関ジャニ∞のジャニ勉」、過去に放送していた「村上信五とスポーツの神様たち」などで、自慢の腹筋を披露していました。

程よく付いた筋肉と、スタイルの良さは、デビュー当時からほとんど変わっていません。

そのため、村上信五が「anan」の表紙でグラビアを披露することを熱望するファンも多く存在します。

18位 中島健人

 

この投稿をInstagramで見る

 

優菜(@yuuna2924)がシェアした投稿

  • 名前:中島健人
  • 生年月日:1994年3月13日
  • 出身地:東京都
  • 身長:176cm

Sexy Zoneの中島健人は、王子様キャラに相応しい、鍛えられた体をしています。

中島健人が出演しているバラエティー番組「ぐるぐるナイティナイン」でのゴチになります!のコーナーで、やめられないものに筋トレを挙げていました。

そのとき、足上げ腹筋という中島健人独自の筋トレ方法を紹介していて、毎日30回を3~5セット行っているといいます。

その筋トレを始めたきっかけとも言えるのは、中島健人のソロコンサートでTシャツをビリビリに破き、上半身を露出する演出で見せる筋肉を作るためでした。

また、中島健人が2016年に主演を務めた映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」でも、千葉雄大とのお風呂シーンを演じるにあたり、体を鍛えたことを明かしています。

2人でメトロノーム筋トレという、テンポに合わせて腹筋・背筋・腕立てをする筋トレを考案しました。

中島健人は自らをプロデュースすることに長けているので、オリジナルの筋トレ方法を考案して、自分に合った体作りを行っています。

17位 重岡大毅

 

この投稿をInstagramで見る

 

shoriーLove(@sz_11161030)がシェアした投稿

  • 名前:重岡大毅
  • 生年月日:1992年8月26日
  • 出身地:兵庫県
  • 身長:172cm

童顔で、子どもっぽい印象のあるジャニーズWESTの重岡大毅ですが、腹筋はシックスパックに割れていて、意外にも肉体派な一面があります。

雑誌やテレビでも自慢の腹筋を披露していて、見た目とのギャップに驚かされます。

重岡大毅は、主にジムで鍛えていています。

また、趣味でボクシングも行っています。

メンバー相手にシャドーボクシングをしていたり、ジャニーズWESTのミュージックビデオでもキレのあるパンチやキックの動きをしたり、本格的でした。

そのため、腕の筋肉や腹筋が付いてきて、ジャニーズ事務所に入った当時は、ダンス未経験で華奢な体つきでしたが、バランスの良いガッチリとした体型に進化しました。

また、普段からじっとしていることが苦手な重岡大毅は、日頃の生活からも鍛えるようにしています。

友達と遊びでフットサルをしたり、移動は全てダッシュにしたり、毎日の小さな積み重ねからも体を鍛えているのです。

16位 増田貴久

 

この投稿をInstagramで見る

 

👔⚽️NEWS🥟📖(@kmtk_4_news_love)がシェアした投稿

  • 名前:増田貴久
  • 生年月日:1986年7月4日
  • 出身地:東京都
  • 身長:171cm

NEWSの増田貴久は、普段から個性的なダボダボの私服や衣装を着ているため、体のラインが分かりづらいですが、実はかなりのマッチョです。

もともと小さい頃から水泳をしていて、アスリートのような筋肉の付き方をしています。

増田貴久は骨太で、筋肉量が多いため、広い肩幅でガッチリとした体型をしていて、骨格と筋肉の相乗効果が生まれています。

また、食べることが大好きで、大食いとしても有名ですが、食べた分を日々水泳で動くことで筋肉に変えています。

雑誌「美的」では、増田貴久の水泳で鍛えられた体を披露し、逆三角形のメリハリのある筋肉に仕上がっていました。

また、増田貴久が出演した「究極バトル“ゼウス”」では、上半身裸になった増田貴久の胸板の厚さがすごすぎると話題になりました。

15位 櫻井翔

 

この投稿をInstagramで見る

 

ひとみん(@shokun11blossom)がシェアした投稿

  • 名前:櫻井翔
  • 生年月日:1982年1月25日
  • 出身地:東京都
  • 身長:171cm

嵐の櫻井翔は、忙しいスケジュールの合間を縫って、週に1、2回はジムに通っています。

もともと細身だった櫻井翔ですが、今ではガッチリとした体型になっています。

櫻井翔が2017年に主演のドラマ「君に捧げるエンブレム」では、車いすバスケットボール選手を演じるにあたって、腕の筋肉の筋トレを重点的に行っていました。

そういうこともあり、2017年時の櫻井翔のスーツ姿を見て「太ったのではないか?」と思った人も多かったことでしょう。

櫻井翔の筋肉エピソードとしては、櫻井翔が表紙を務めた「anan」は、anan史上初、重版をした号でもあります。

セミヌードを披露するために、かなりストイックに筋肉改造を行ったことが分かる筋肉をしていました。

真面目な櫻井翔だからこそ、作り上げられた優等生筋肉だと言えます。

14位 小山慶一郎

 

この投稿をInstagramで見る

 

ℳ.(@ktmk_08)がシェアした投稿

  • 名前:小山慶一郎
  • 生年月日:1984年5月1日
  • 出身地:神奈川県
  • 身長:178cm

NEWSの小山慶一郎は、筋トレを趣味としています。

デビュー当時は高身長で華奢な体型でしたが、最近では雑誌「美的」で鍛え上げられた胸筋や、腕の筋肉、腹筋が披露され、男らしさがより一層増しています。

小山慶一郎は、NEWSのセックスシンボルと言われていて、コンサートで体を見せる機会も多いため、肉体改造は必須でした。

筋トレと並行に、サウナにも多く通い、余分なものを全て出して、引き締まった体づくりを徹底しています。

また、NEWSのコンサート衣装で小山慶一郎は、ノースリーブを着ることが多く、腕の筋肉を露出しているところを多く見ます。

腕の筋肉を重点的に鍛えているため、スーツの腕の部分がパンパンになってしまったことがありました。

13位 濵田崇裕

 

この投稿をInstagramで見る

 

しげおか(@shigeokasan0826)がシェアした投稿

  • 名前:濵田崇裕
  • 生年月日:1988年12月19日
  • 出身地:兵庫県
  • 身長:177cm

ジャニーズWESTの中で、濵田崇裕はアクロバットを得意としています。

そのため、常に筋肉が付いている状態なのですが、生きているだけで痩せていくタイプのため、食べる量を増やし、痩せない努力をしています。

また、筋トレは日常的に行っており、家や現場で時間があれば腕立て伏せを行っています。

濵田崇裕は痩せ型ではありますが、首は太く、肩回りにも筋肉が付いていて、趣味の釣りから足腰も強化されていて、全身に程よく筋肉が付いています。

また、濵田崇裕が自分の筋肉の中で自慢していたのは、腹筋の横に筋のような筋肉(腹斜筋)があることです。

腹斜筋を鍛える人は少なく、その部分を集中的に筋トレしたことがうかがえます。

12位 有岡大貴

 

この投稿をInstagramで見る

 

メバ(芽)(@meba0617)がシェアした投稿

  • 名前:有岡大貴
  • 生年月日:1991年4月15日
  • 出身地:千葉県
  • 身長:164cm

Hey!Say!JUMPの有岡大貴は、雑誌「Tarzan」の表紙で鍛え上げられた上半身を披露し、童顔から想像できないシックスパックが話題になりました。

有岡大貴は、もともとお腹だけにお肉が付きやすく、そのことがコンプレックスでした。

昔から漫画などのマッチョなキャラクターに憧れていたので、自分なりに筋トレをしていたものの、成果はそれほどでなかったようです。

そんなとき、有岡大貴が出演しているバラエティー番組「ヒルナンデス!」で、「雑誌Tarzanの表紙を飾りたい」と目標を掲げたことから、Tarzanからオファーが来たのです。

有言実行するべく、1か月間過酷なトレーニングを熟し、見事に鍛え上げたシックスパックを披露することができたのです。

有岡大貴は、これからもシックスパックを維持し続けると宣言しました。

11位 亀梨和也

 

この投稿をInstagramで見る

 

K_kazuya223(@k_kazuya223)がシェアした投稿

  • 名前:亀梨和也
  • 生年月日:1986年2月23日
  • 出身地:東京都
  • 身長:171cm

KAT-TUNの亀梨和也は、野球で鍛えられた健康的なマッチョな体をしています。

小さい頃から野球の練習に励み、トレーニングを積み重ねてきたのでしょう。

亀梨和也は現在も、毎日筋トレを欠かさず行っています。

そのため、亀梨和也が出演している「Going! Sports&News」で、巨人の選手と同じ地獄のトレーニングメニューに挑戦する企画を熟すことができていました。

プロでもきついメニューを熟せる亀梨和也の筋肉は、今までの積み重ねてきた結果であるといえるでしょう。

そのため、現在の亀梨和也の体脂肪率は6.3%と言われています。

また、役やコンサートなどでも鍛えている体を見せることが多いため、常に引き締まった体であり続ける努力を怠らないようにしています。

10位 長瀬智也

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomoya Nagase(@tomoya.nagase_)がシェアした投稿

  • 名前:長瀬智也
  • 生年月日:1978年11月7日
  • 出身地:神奈川県
  • 身長:182cm

TOKIOの長瀬智也は、ワイルドなイメージ通りガッチリとした体をしています。

長瀬智也は、TOKIOのボーカルとして、コンサートで2時間続けていられるようにトレーニングを始めたことがきっかけで、今の体が作られました。

その甲斐あって、若い頃の細身の体から、現在のワイルドな体に仕上がったのです。

また、昔から趣味でバイクに乗っていたため、腕や足の筋肉がとても綺麗でたくましいです。

最近では服を脱ぐことがほとんどなく、筋肉を見ることはできませんが、Tシャツからのぞく腕や、大胸筋から、鍛えられた体をしていることが分かります。

現在はジムには通っておらず、隙間時間を使って自分で筋トレを行っています。

9位 岩本照

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝙚𝙨𝙪(@kyomo_hika)がシェアした投稿

  • 名前:岩本照
  • 生年月日:1993年5月17日
  • 出身地:埼玉県
  • 身長:182cm

来年デビューを控えているSnow Manの岩本照は、ジャニーズの中でもかなりの筋トレマニアです。

現在の身長は182cm、体重は65kgほどで、体脂肪率5%という驚異の数字をしています。

ジャニーズJr.ながら、雑誌「Tarzan」の表紙を飾り、雑誌内でも「裏切りの筋トレ・メソッド」という筋トレに関する連載も持っています。

また、岩本照は「SASUKE」にも出演し、自慢の筋肉を披露していました。

筋肉への愛が深すぎるがゆえに、ジムに週5で通うほどです。

岩本照は、アイドルとしてアクロバットをする上で、邪魔にならない筋肉づくりなど、筋トレに関して多くの持論を持っています。

ゴールデンボンバーの樽美酒研二をお兄ちゃんと慕っていて、お互いのトレーニング哲学について語り、お互いを高め合っています。

岩本照は、次世代の筋肉キャラとして期待される存在です。

8位 平野紫耀

 

この投稿をInstagramで見る

 

S.(@king.sho.129523)がシェアした投稿

  • 名前:平野紫耀
  • 生年月日:1997年1月29日
  • 出身地:愛知県
  • 身長:171cm

King&Princeの平野紫耀は、無駄な贅肉のない引き締まった体をしています。

腹筋はシックスパックではなく、エイトパックに割れているのです。

しかし、平野紫耀は筋トレというものをほとんどしたことがなく、3週間に1回程度すれば良い方というぐらい、何もしていないのです。

その理由として、平野紫耀は、何もトレーニングをしていなくても勝手に筋肉が付いてしまうほど筋肉質であるということです。

平野紫耀自身はそれをコンプレックスだと感じていて、小さい頃から力加減が分からず、身の回りの物を壊してしまうことが多々あったそうです。

また、Jr.時代の番組で平野紫耀の背筋を計ったところ「210kg」というアスリート並みの驚異の数字を出したこともありました。

7位 生田斗真

 

この投稿をInstagramで見る

 

生田斗真応援サポーター(@ikt_tm1007)がシェアした投稿

  • 名前:生田斗真
  • 生年月日:1984年10月7日
  • 出身地:北海道
  • 身長:175cm

俳優として活躍する生田斗真は、役作りのための肉体改造が話題になりました。

その作品は、生田斗真が2013年に主演した映画「脳男」です。

映画の中で上半身を露出したとき、余分な脂肪が一切付いてなく、ギリシャ彫刻のような美しい体に仕上がっていました。

生田斗真はその体を作るために、3か月間に及ぶトレーニングを行い、格闘技の稽古も並行して行っていました。

食事面では炭水化物や糖分を抑えて、ササミや納豆、豆腐や野菜を中心にしたものを取る生活を続け、体脂肪率を7%まで絞りました。

2019年のドラマ「いだてん」では、日本人で初めてオリンピックに出場した「三島弥彦」役を演じており、忠実に再現するため徹底して体づくりに励みました。

生田斗真は、役に合わせて体を作ることのできる、生粋の俳優体型なのでしょう。

6位 山田涼介

 

この投稿をInstagramで見る

 

aryoooooo(@aryo__59)がシェアした投稿

  • 名前:山田涼介
  • 生年月日:1993年5月9日
  • 出身地:東京都
  • 身長:164.5cm

中性的な顔立ちのHey!Say!JUMPの山田涼介は、身長は164.5cmと小柄ながら、たくましい筋肉をしています。

山田涼介が筋トレにハマったのは、身長が伸び悩んだため、細マッチョになりたくて、横に伸ばそうと思ったことが理由だと語っていました。

筋トレにハマってからは、徹底的に体を作り上げ、腹筋がシックスパックに割れるまで鍛え上げました。

Hey!Say!JUMPのセンターとして活躍する山田涼介は、ダンススキルも高く、鍛えた筋肉を最大限に使い、力強くキレのあるダンスを踊っています。

完成度の高い山田涼介のダンスを作っているのは、作り上げられた筋肉があるからなのかもしれません。

また、鍛えすぎて、頑丈なウエットスーツを破ってしまったという面白エピソードも持っています。

5位 上田竜也

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lilou(@kame.ta.yu_jinjin.r)がシェアした投稿

  • 名前:上田竜也
  • 生年月日:1983年10月4日
  • 出身地:神奈川県
  • 身長:170.5cm

KAT-TUNの上田竜也は、ボクシングを始めたことがきっかけで、現在の鍛え上げられたマッチョな姿になりました。

それまでは、KAT-TUNの中でも華奢で可愛い系男子だった上田竜也でしたが、鍛え出したことによって、ワイルドな体育会系男子へと変化していきました。

現在では「炎の体育会TV」のレギュラーとして、鍛え抜かれた体を披露したり、番組の企画に対して真っ直ぐに努力する姿だったり、何に対しても熱い男だと感じられます。

上田竜也はストイックな性格で、毎日10キロを走り、週3でジムに通っています。

そのため、左右対称の腹筋はアスリートのようだと言われていて、「ジャニーズの腹筋王子」とも呼ばれています。

上田竜也は自分自身を不器用な性格だと言っていて、そのため何に対しても本気で取り組まなければならないと考えています。

今の上田竜也があるのは、人一倍努力した結果だと言えます。

4位 塚田僚一

 

この投稿をInstagramで見る

 

トミー(@hiromix_abcz)がシェアした投稿

  • 名前:塚田僚一
  • 生年月日:1986年12月10日
  • 出身地:神奈川県
  • 身長:168cm

A.B.C-Zの塚田僚一はジャニーズの中の筋肉キャラとして確立し始めています。

A.B.C-Zはアクロバットを得意とするグループですが、小学生から体操を始めた塚田僚一は、メンバーの中で最もアクロバットが得意です。

もともと筋トレ好きで、鍛えていたことで今の体が作られています。

筋トレに関しても、塚田僚一のこだわりがあるようで、2日に1回決まった筋トレを行っています。

塚田僚一は筋肉自体が好きで、隙があれば服を脱ぎ、自分の筋肉を自慢しています。

また、「SASUKE」に毎年出場し、「芸能界特技王決定戦TEPPEN」では、ベンチプレス対決にジャニーズ代表として出場したこともあります。

更に、コンサート中に花道で、バック転を連続で30回成功させたことがあるのです。

体操を習っていたことから、体が柔軟なため、そんな神業を成し遂げることができたのではないでしょうか。

3位 東山紀之

 

この投稿をInstagramで見る

 

紫好きのジャニ(リナ)(@rina.j.j.j)がシェアした投稿

  • 名前:東山紀之
  • 生年月日:1966年9月30日
  • 出身地:神奈川県
  • 身長:178cm

少年隊の東山紀之は50歳を超えてからも、トレーニングをし続け、体を鍛え上げているジャニーズ界のレジェンドです。

東山紀之の体は、全身が引き締まっていて、「Tarzan」で披露されたヌード姿は彫刻のように美しい姿でした。

そのトレーニング方法は普通の人では考えられないほどハードなものです。

まず、朝起きてから1時間かけてストレッチや腕立て伏せ・腹筋などの筋トレを行います。

さらに、1日に腹筋は1000回、日によっては5kgのダンベルを首の後ろで持ちあげるというトレーニングを行っています。

他にも、ジョギングは1か月に100kmと決めていて、3日に1回10kmのペースで走っています。

食事に関しても、基本的に野菜中心の食生活を送るというストイックさです。

東山紀之はこれほどにまで自分を追い込み、中年男性とは思えない美しい体を維持し続けています。

2位 岡田准一

 

この投稿をInstagramで見る

 

向日葵(@hinata7540)がシェアした投稿

  • 名前:岡田准一
  • 生年月日:1980年11月18日
  • 出身地:大阪府
  • 身長:169cm

V6の岡田准一はジャニーズ内のみならず、芸能界の中でもストイックとして有名です。

もともと筋トレが趣味で、格闘技オタクだったことから、体を鍛え始めました。

最初は役作りのためでしたが、それがライフワークとなり、様々な格闘技にもチャレンジしていきました。

そこから、岡田准一はフィリピン武術の「カリ」や、ブルース・リーが創始者である「ジークンドー」のインストラクターの資格も習得しています。

筋トレや格闘技に打ち込むにつれて、体も筋肉が付き、ガタイがどんどん大きくなっていきました。

そのため、番宣で出演したバラエティー番組では、筋肉についていじられることもしばしばあります。

岡田准一の体型は、ジャニーズというより格闘家のようで、どこに向かっているのかと言われる時期もありましたが、アクションシーンを自ら行い、俳優としての活動の幅を広げています。

1位 山下智久

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomohisa Yamashita(@tomo.y9)がシェアした投稿

  • 名前:山下智久
  • 生年月日:1985年4月9日
  • 出身地:千葉県
  • 身長:174cm

山下智久と言えば、盛り上がった大胸筋や、浮き出た腹筋、脇腹のラインなど、一切無駄な肉がない引き締まった体が特徴です。

その体を一番よく見ることのできるのは、2011年に山下智久が主演の映画「あしたのジョー」です。

この映画の主演を務めるにあたって、山下智久はベンチプレスなどのウエイトトレーニングや、腹筋と背筋を100回ずつ30分連続で行ったりしていました。

山下智久は、一時期62kgあった体重を53.5kgまで落とし、体脂肪率も5%まで落としました。

忙しいスケジュールの中、かなりハードにトレーニングしていたことが分かります。

その甲斐あって、ボクサー役として鍛え上げられた山下智久の肉体が披露されました。

その時の山下智久の体つきについて、元世界バンダム級王者の長谷川穂積が「本当にトレーニングしたボクサーの体」だと言ったほどでした。

山下智久の肉体美は無駄がなく、女性からはもちろん、男性からも憧れるような筋肉をしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました