加藤シゲアキの家族・兄弟エピソードまとめ!

ジャニーズ入所後、とんとん拍子でNEWSとしてデビューした印象の加藤シゲアキ。

しかし、メンバーのグループ脱退が相次ぎ、情緒不安定になることもありましたが、自分にも何かグループの役に立てることはないかと探し、現在はジャニーズ初の小説家として活躍、数々の賞を受賞していますよね。

今回は、そんな加藤シゲアキの地元や家族にまつわるエピソードについて調べてみました。

加藤シゲアキの地元はどこ?

加藤シゲアキは広島県広島市で誕生、保育園に入園していましたが、4歳の時に大阪府豊中市に引っ越し10歳まで暮らしています。

豊中市に住んでいた場所について「急行が停まる駅から一駅乗って、各駅停車しか停まらない駅で降りて幼稚園に通っていた」と話していたことから、阪急宝塚線の岡町駅の近くだと思われます。

このことから、豊中幼稚園か超光寺幼稚園に通っていたのではと推測するファンもいますが、どこに通っていたのかについてはわかっていません。

その後、学校名は不明ですが豊中市内の公立小学校に入学し、10歳から神奈川県横浜市に転校しています。

横浜では、横浜市立北綱島小学校に通い、中学受験を経て、青山学院中等部・高等部・大学へ進学しました。

現在実家は日吉本町にあるといわれ、同じNEWSの大の仲良しメンバー小山慶一郎も訪れたことを明かした際はファンも大盛り上がりでした。

祖父の家は岡山県総社市

加藤シゲアキの父親の実家が岡山県総社市にあり、祖父母に会うために総社市に訪れることがあるそうです。

頻繁に行くことはないそうですが、地元では加藤シゲアキさんの父親がしゃぶしゃぶを食べに来たなどという情報が出回ることもあります。

加藤シゲアキの家族構成

加藤シゲアキは父親と母親との3人家族で、兄弟はおらず一人っ子です。

家族・名前職業年齢
父親不明不明
母親・ゆみこ手芸教室の講師不明

両親についてあまり話さない加藤シゲアキですが、父親は岡山県出身、母親は秋田県出身ということはわかっています。

加藤シゲアキは、父親の転勤で小さい頃から引っ越しが多かったため、人見知りが激しく、なかなか新しい友達ができなかったそうです。

一人っ子だった加藤シゲアキは、家でRPGなどのテレビゲームをしたり、自分でフィクションの小説を書いて遊んでいました。

両親は共働きで忙しかったので、しっかり親に甘えたり、自分の感情をぶつけたりすることがあまりなく、人付き合いが上手ではなかったと明かしています。

いじめられたくないとの思いから虚勢を張り、友達に嫌なことばかり言ってしまったため、時にはクラスの中でシカトされる時期もあったそうですが、小学校高学年になると友達もでき、クラスの中心的存在で、かっこつけていたといいます。

加藤シゲアキの父親

加藤シゲアキの父親について、名前や職業などくわしいことは明らかになっていません。

転勤でいろいろな地方を転々と引っ越されていましたが、現在は定年を迎える前に退職されていて、今は自由に仕事をしているそうです。

あまり家族の話をしない加藤シゲアキですが、2022年10月27日発売の雑誌『steady』で、読書家の父親が小説をべた褒めして喜んでくれると話していました。

「うちの家族は、子どものころよりも仲がいいし、今の方が会話は多い。保険の話とか、税金の話とか、面白くない話が多いけれど」

「去年文学賞ラッシュだったので、父親は誇らしく思ってくれているんじゃないかな。鼻高々だったみたいだし」

「親のためにやっているわけじゃないし、親孝行になっているかはわからないけど、自分が一生懸命頑張ってきたことを親が喜んでくれるのはうれしい」

自分の息子が活躍している姿は本当にうれしいでしょうね。

加藤シゲアキの母親

加藤シゲアキの母親は「ゆみこ」さんといい、今は手芸教室の先生をされているとラジオで明かしていました。

共働きで自分のために学費を工面してくれていた母親に、高校生でデビューした際「学費は自分で払うから好きなことをして」と言ったそうで、手芸の学校に行くことを勧めたと、2020年4月22日に放送された『徹子の部屋』で話しています。

大好きな手芸を極めたゆみこさんは、加藤シゲアキのドラマや舞台が始まると、手作りのポーチやメガネ拭きを何十個も差し入れするのだそうです。

教育熱心な家庭だった

両親は大変教育熱心だったそうで、加藤シゲアキは小学1年生の頃から塾に通っていて、中学から青山学院だったように頭の良いインテリジャニーズでもあります。

また、子どもの自立心を大事にするという教育方針を持っていて、加藤シゲアキは幼稚園の頃から一人で寝なくてはいけなかったのがとても嫌だったと明かしています。

子どもの頃から「好きにしなさい」という放任主義だったゆみこさんですが、加藤シゲアキが一人暮らしを始めてからは、息子のことが気になるようで、普段の生活についていろいろと聞いてくることが多いそうです。

一人息子ですし、離れていると母親としては余計に子どものことが気になって仕方がないでしょうね。

ジャニーズ入りも母親がきっかけ

加藤シゲアキは、子どもの頃から芸能界に興味があったこと、また自分も習っていたピアノを香取慎吾がステージで弾く姿を見て憧れていたことを知ったゆみこさんが、ジャニーズ好きの友人に相談て、小学4年生の時にジャニーズ事務所に履歴書を送りました。

その後『8時だJ』のオーディションを経て、小学6年生の1999年4月18日に入所しています。

入所してすぐに俳優デビューを果たすなど、ジャニーズJr.として順風満帆な滑り出しだった加藤シゲアキですが、ほどなく中学受験のために活動を休止することになりました。

入ったばかりのタイミングだっただけに、当時は「生意気」と見られることもあったようです。

受験後、事務所に連絡してもジャニーさんに取り次いでもらえないこともありましたが、諦めず直接ジャニーさん電話をして理解してもらい、当時慶應に通っていた櫻井翔に会わせてもらったというエピソードも残っています。

そして、青山学院中等部への合格をジャニーさんへ報告し、翌日にはドラマへの出演が決まるなど、活動再開後も「エリート」と呼ばれるような活動をしていきました。

加藤シゲアキの自宅はどこ?

加藤シゲアキの自宅の場所はわかっていませんが、目黒区か港区のどちらかに住んでいるのではないかと言われています。

場所は明かしていませんが以前、いくつかのTV番組で自宅の内部を公開していました。

玄関には絵がたくさん飾られています。

書斎の本棚の様子。

趣味が釣りということで釣り竿やルアーもたくさんあります。

本名の「加藤成亮」名義で作詞・作曲も行っていて、パソコンで音楽を作るスペースもあります。

小説だけでなく音楽もとは、多彩な才能の持ち主ですよね。

まとめ

今回は、NEWSの加藤シゲアキの地元や家族とのエピソードについて紹介しました。

家族についてはあまり情報がありませんでしたが、仲が良い様子は伝わってきました。

教育熱心で、子どもの興味のあることは挑戦させてくれる温かい両親の支えがあったからこそ、今の加藤シゲアキの活躍があるのでしょうね。

NEWSとしての活動だけでなく、小説家や俳優としても活躍の幅を広げている加藤シゲアキの今後をこれからも応援していきましょう。

コメント