長尾謙杜の実家はお金持ち?父親・母親・兄弟まとめ!

いつもニコニコとして、人懐っこい性格のなにわ男子の末っ子の長尾謙杜。

俳優として数々の作品に出演して評価を得ている一方、「おしゃれ番長」の異名を持っている長尾謙杜はコンサートなどで衣装デザインも手掛けています。

今回は、そんな長尾謙杜の地元や家族にまつわるエピソードについて調べてみました。

長尾謙杜の地元はどこ?

長尾謙杜は大阪の岸和田市出身です。

岸和田市は大阪南部にある町で、小学校は不明ですが、岸和田市立桜台中学校への在籍情報があるので、この中学校を卒業していると思われます。

また、岸和田での目撃情報が多いことや、小学生の時に空手の大会「第57回市民体育祭 岸和田市春季少年少女空手道選手権大会」に出場していたことも、岸和田市出身と言われる理由です。

画像をアップロードする

さらに、「岸和田だんじり祭り」での目撃情報もあります。

長尾謙杜本人も出身地について「お祭りが盛んなところ」と答えていました。

実家はお金持ち

長尾謙杜の出身地・岸和田市は、大阪の中心部からの交通の利便性が良く、総合病院や小中学校も揃っている落ち着いた街ということでファミリー層から人気のエリアです。

そんな岸和田市の中でもベッドタウンとして有名な下松駅が、長尾謙杜の実家の最寄り駅のようです。

下松駅周辺は閑静な住宅地でありながら、飲食店などおしゃれなお店も多く、買い物やグルメなど楽しめる地域です。

大阪の中心部からさほど離れていないのに、落ち着いた人気のエリアに実家があることから、長尾謙杜の実家は割と裕福なのではないかと言われています。

キッズモデルをしていた

長尾謙杜は2014年11月23日にジャニーズ事務所に入所していますが、その1カ月前まで『モデル事務所キャストプラン』という事務所に在籍していました。

小学生の家庭科の教材のナップザックやエプロンのカタログのモデルなどをされていたそうです。

小さい頃から目がクリっとしていて、かわいらしいですよね。

自ら志望してジャニーズ入り

長尾謙杜は、幼少期からテレビや舞台やダンスに興味を持っていたそうです。

2012年に公開された映画『僕等がいたを観たのがきっかけで、生田斗真に憧れ、家族と相談して履歴書を自分で送ることを決めました。

憧れの先輩・生田斗真について「演技力もトーク力もある斗真くんは入所前からの憧れの人」

「ジャニーズのアイドルじゃなくて俳優っていう新しいジャンルを切り開いた方で、斗真くんは自分で行く道を作っていったところがすごい」と話しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

その後オーディションを経て、長尾謙杜は2014年11月23日にジャニーズ事務所に入所しましたが、同期にはなにわ男子の道枝駿佑と高橋恭平がいます。

また、そのオーディションではSnow Manの向井康二が審査員として参加していて、「なにわ男子の3人に丸をつけた」と明かしています。

憧れの先輩の背中を追って、現在は個人でも大河ドラマや映画など、数々の作品で俳優として活躍されていますよね。

長尾謙杜の家族構成

長尾謙杜は、父親と母親の3人家族で、兄弟はおらず一人っ子です。

家族・名前職業年齢
父親不明不明
母親不明不明

長尾謙杜は、おっとりしたマイペース、天然なところがある、なにわ男子の末っ子として知られていますが実生活は一人っ子です。

思ったことをすぐに口に出してしまうという長尾謙杜ですが、なにわ男子の大西流星を兄、道枝駿佑を双子のように思っていると話していました。

長尾謙杜の父親

長尾謙杜の父親は一般の方なので名前や年齢、職業など明らかになっていませんが、親子の仲は大変良好で、2人で旅行に行くこともあるそうです。

実家がお金持ちの噂もあることから、お父さんは高収入なのではないかとも言われています。

スニーカー好き

長尾謙杜は、メンバーや関西ジャニーズJr.の先輩・後輩から「おしゃれ番長」と呼ばれており、ブランドの服もたくさん持っているようです。

2019年2月3日放送された『行列のできる法律相談所』のなにわ男子の密着取材で、学校帰りのリュックを背負った長尾謙杜の後ろ姿が映し出されました。

そのリュックがアディダスのスポーツブランド「ワイスリー(Y-3)」のもので、値段は4万円を超えることから、「お金持ち」「おしゃれ」といった声があがっていました。

中学生の頃から関西ジャニーズJr.として活動していたので、ある程度お金を自由に使えていたのかもしれませんね。

そんな長尾謙杜は、父親とスニーカーという共通の趣味があり、新作が出ると発売日などの情報交換をするそうです。

いつか叶えたい夢として、 「大好きなNIKEとスニーカーを作る。長尾謙杜モデルを出す」と話すほどで、長尾謙杜のスニーカーへの愛が伺えますね。

長尾謙杜の母親

長尾謙杜の母親も一般の方なので、名前や年齢、職業など明かされていません。

先ほども触れたように、長尾謙杜は父親と仲良しですが、母親とも大の仲良しで、自他共に認めるママっ子なのだそうです。

お母さんのことを中学3年生まで「ママ」と呼んでいたため、母親から「お母さん」と呼ぶようにと言われ、現在はお母さん呼びにしたそうですが、幼い頃からの癖でついママと呼んでしまうことも明かしています。

お母さんの茶碗蒸しが好き

長尾謙杜はお母さんの手料理が大好きなのだそうで、仕事が終わると家に電話して夕飯のメニューが何か聞くことが多いと話していました。

中でも茶碗蒸しが特に気に入っているとも明かしています。

一緒に買い物に

2021年4月17日に放送された『まだアプデしてないの』の中で、「母親と買い物に行くのは恥ずかしくない」と話していました。

ちなみに買い物の支払いは長尾謙杜がしているそうで、お母さん大好きな様子が伺えますよね。

片付けが苦手な息子に

長尾謙杜は片付けが苦手な性格のようで、自分の部屋でいらなくなった物をリビングに持って行っては母親からよく怒られると話していました。

ほっこりするかわいらしいエピソードですよね。

長尾謙杜の自宅はどこ?

長尾謙杜もなにわ男子の他のメンバーと同じようにデビューをきっかけに上京し、一人暮らしをしていますが、自宅の場所についてはくわしくはわかっていません。

2023年11月20日に発売された『non-no1・2月合併号』で、自身の自宅での過ごし方について次のように話しています。

「仕事から帰ってきたらまず出前を頼んで、それが届くまでの間に部屋の片づけをするのがルーティン」

「出かける前はバタバタして散らかしちゃうから、出しっぱなしの洋服とかをしまう」

「夜ごはんを食べて、お風呂に入ったら、できるだけ早く就寝する。次の日朝4時に起きて、海外のサッカーの試合を見たいから」

一人暮らしを満喫されている様子が伺えますね。

リビングはシンプル

部屋の中の様子についてはかなりシンプルなようです。

「うちのリビングはシンプル。物をあんまり置かないようにしていて、あるのはソファとテレビとテレビ台だけ」

「テーブルはないから、食事する時はちっちゃい簡易的なやつを出して床に座って食べてます。空間が欲しいのでテーブルは欲しいと思わない」

趣味部屋にはスニーカー

スニーカーが大好きな長尾謙杜は、2年くらい前に作った趣味部屋に120足くらいのスニーカーをズラッと並べているそうで、ちょっとした靴屋さん状態なことを明かしています。

「出かける前はそこに行って、今日はどれをはこうかなって選ぶのが楽しい」とも話していました。

自宅に招くのはこじけん

東京に出てくる前の自宅にはなにわ男子のメンバーもよく招いていたそうですが、仕事で会うのであまり機会がなくなったという長尾謙杜。

そんな長尾謙杜の自宅によく来るのは、Aぇ! groupの小島健なのだそうです。

特にもてなしたりはしないそうですが、「浜松ロケのお土産に買っていた餃子を焼いてあげたことはある」と話していました。

ファンにも2人が仲良しなことは周知されているようですね。

まとめ

今回は、なにわ男子の長尾謙杜の地元や家族とのエピソードについて紹介しました。

なにわ男子の末っ子は実生活では一人っ子でしたが、両親とも仲が良く、とても温かい家族に見守られて育ったことが伺えました。

また、人懐っこい長尾謙杜はいつもメンバーにかわいがられていて、本当の兄弟のように見える時もありますよね。

アイドルとしてだけでなく、俳優としても活躍していきたいという長尾謙杜のこれからを温かく見守っていきたいですね。

コメント